プロペシアを安く購入するには?

外見の印象は髪でかなり変わりますが、それゆえにヘアケアにこだわりを持つ方は多くいらっしゃるものです。
特に薄毛は放置しておくと少しずつ進行してしまいますので、抜け毛が増えてきたと感じたら、早めに対策を行っておきましょう。
薄毛の改善というと自宅で行える努力では育毛剤の利用や食事の改善、頭皮マッサージなどが挙げられますが、努力していても今ひとつ効果が得られないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
男性の脱毛症の場合は、男性ホルモンの影響によるところも多いので、マッサージなどの努力だけでは改善が難しいものがあります。
では、男性の脱毛はあきらめるしかないのかということになりますが、決してそうではありません。

 

今は良い治療方法も登場していますので、より良い改善を得たいという方は医療機関に相談してみると良いでしょう。
薄毛治療も様々な種類がありますが、特に手軽に行える治療としては、薬の利用があげられます。
薄毛の原因は男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素によってジヒドロテストステロンに変化することで起こるとされていますが、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは5α還元酵素の作用を阻害するのに役立ってくれます。
プロペシアは飲むタイプの薬で、1日1回飲むだけですので、無理なく続けられることもあり、多くの方が利用されています。
そして髪にはヘアサイクルがあり、それが整うにはある程度の時間が必要ですので、効果が出ないからとすぐにやめてしまわずに、根気よく続けていきましょう。
長期に飲むとなると副作用も気になるところですが、特に大きな副作用はないとされています。
まれに性欲減退などが起こる場合もあるとされていますが、気になる症状が出てきたら直ぐに医師に相談しましょう。

 

そして、男性ホルモンの影響による薄毛の悩みに効く薬ですので、女性の薄毛など他の原因での脱毛には効果があるものではなく、男性型脱毛症の治療のみに利用される薬です。
そして塗るタイプの薬であるミノキシジルとの併用でさらに良い改善が得られるとされています。

 

それからプロペシアの効果が出てもすぐにやめてしまってはいけません。
髪は薬の効果により保たれていますので、薬をやめてしまうと、また少しずつ元の状態に戻ることとなります。
それゆえに効果を保つためには薬の継続利用が必要です。
AGA治療薬は保険適用の薬ではありませんので、どうしても高くついてしまいますが、治療費を抑える方法もあります。
それが薬の個人輸入という方法です。
こうした方法なら薬をより安く購入できますし、自宅まで配送してもらうことができますので、医療機関に通う手間もありません。
個人輸入のメリットとしては、国内ではまだ販売されていないプロペシアのジェネリックが購入できることもあげられます。
ジェネリックはプロペシアと同じくフィナステリドが有効成分の薬が何種類も販売されており、しかもかなりの低価格となっています。
より治療費を抑えたいという場合はこうした薬に注目してみるのも良いでしょう。